沿革

History

-創業1868年(明治元年)、日本最大の漁網会社-

Japan’s largest fishing net company, established in 1868

創業1868(明治元年)日本最大の漁網会社

慶応4年桑名藩領出身の海運業者の初代平田佐次郎が、綿糸から漁網までの一貫製造を行う平田漁網商店を創業。桑名藩(現三重県)は、江戸時代から明治時代にかけて製網業が盛んで、平田佐次郎は漁網工場を起業し、平田紡績と名称を変遷した。
1910年にドイツのイッツエホニー式やフランスのボナミー式、ザング式などの蛙股編網機を導入し、平田紡績は製網の大量生産を行い工業化の時代を迎え、太平洋戦争期まで漁網生産高日本一の名門企業となった。そして、1949年、東京証券取引所に上場。その後漁網工場はアフリカのケニアなど世界各地に展開した。また、平田紡績の5代目社長となった宗村佐信は教育にも熱心で幼稚園から大学院を運営する三重県唯一の総合学園を設立した。現在の暁中高学校、四日市看護医療大学、四日市大学などがある。

2001年グローバル経済に必要な投資銀行として

2001年、投資事業へと転換を図り、IPO投資、M&Aなど投資銀行業務を開始する。2006年、Oakキャピタル株式会社(英文社名Oak Capital Corporation)に社名を改称し、独立系投資銀行として国内外の上場会社向け財務強化を目的としたエクイティファイナンスの引き受けや成長支援投資、会社再生投資など投資銀行業務を実施する。また、フランスの銀メーカークリストフルなど海外のブランド投資を展開する。

1853年ペリー来航

1868年明治元年首都が東京になる

1949年東京証券取引所へ上場

創業者

工場内風景

四日市大学