CEOメッセージ

世界情勢は、各国における政治、経済の動向から地政学的リスクはより拡大し、予断を許さないことから、今後も金融市場は不安定な状況が続くと予想されます。
こうした環境下において、日本経済にとっても大きなリスク要因となり、株式市場やドル円相場は大幅な変動につながっています。また、日本政府の発行する1,000兆円を超える国債が大きな負債問題として足かせ要因となる可能性があります。

投資銀行の使命

独立系投資銀行として、国内外の上場企業が行うエクイティファイナンスの引受けによる財務体質強化支援や成長戦略に伴うM&Aや事業再生、イノベーション等の支援および助言をおこなってまいりました。これら取り組みは、投資先企業の価値向上に資するだけではなく、日本経済活性化の一端を担う重要な役割であり使命だと考えております。


新たなステージへ挑戦する時代

世界経済の潮流が大きく変わろうとする時代に於いて、当社の事業である投資銀行業務に求められる役割は大きくあり、これまでの実績とノウハウを活かすと共に、市場が求める投資分野を展開してまいります。
・上場企業向けエクイティファイナンス引受け業務
上場企業は成長戦略や経営計画など、投資家に向けてより詳細な発信と成果を求められていくことから、当社の投資銀行業務の役割はより重要と考えております。
・アセットマネジメント分野の展開
国内の家計金融資産は1,860兆円となり、過半数が預貯金となっております。日銀の金融緩和と低金利政策は継続され運用難となっております。こうした中で、投資銀行業務の多角化として、資金の運用事業を第二の柱に育てて行く計画です。
・IPO投資分野の展開
これから世界経済は大きな変化と新たな進化の時代を迎えようとしています。当社のIPO投資は、日本経済の将来の糧となる事業分野やブランド事業にフォーカスして実施してまいります。


コンプライアンス重視の経営

当社はコンプライアンスを重視し、金融庁や証券取引所、その他監督官庁の定める厳正かつ公正なルールに従うと共に、常に透明性を意識した事業展開をおこなってまいります。


挑戦する投資銀行として

当社は投資分野の多角化を図り、収益構造の安定化を生み出すとともに成長力と収益力を強固にして参ります。変動する金融市場や株式市場であっても成長し続ける投資銀行として、常に時代の潮流を読み、一歩先を進むことへのリスクを恐れず邁進して参ります。


株主還元方針

当社は企業価値・株主価値の更なる向上を目指し、積極的な事業展開と収益基盤の強化を図ることを株主へのコミットとしております。配当性向は30%以上を方針とし、継続的に株主還元を高めてまいります。


2019年
代表取締役会長 兼 CEO 竹井博康
メッセージ・経営戦略・業績ハイライト
CEOメッセージ
経営戦略
業績ハイライト
IRカレンダー
IR資料室
有価証券報告書・Annual Report
決算短信
報告書(株主通信)
株式情報
株式基本情報
株主総会
利益配分に関する基本方針
株式の状況
株主優待情報
Oakキャピタルの株価情報
電子公告